看護師の転職で大事にすべきポイントは?

看護師の転職を希望する人の多くは、現状の環境に何らかの不満があり、自分の理想とする職場に移りたいという欲求をもっています。

看護師の転職で成功する秘訣は、まず自分自身が何を求めているかはっきりとさせること。

そこから始めましょう。

■【転職成功ポイント1】 不満と新たな目標を明確にする。

転職にあたっては、まず現状の職場に関する問題点や不満を書き出してみましょう。

勤務地が遠いとか、交通の便が悪いとか、また人間関係に悩んでいる、自分がめざすスキルを得られない、仕事がハードなどです。

次に自分が何を求めているのか、次の転職先で何がしたいのかを明確にしましょう。

その基本ができていないと、引く手あまたの看護師の転職といっても失敗してしまいます。

■【転職成功ポイント2】 スキルアップと貢献を目標化する。

高齢化社会にあって、看護師はいまでも供給不足の状態にあります。

そう考えると給料や休みなどの雇用形態のアップを理由にしただけでも成功する確率はあります。

しかしそうやって漠然と転職していった看護師の多くは、また同じ悩みや不満を抱え、再び転職しています。

転職の理由を職場環境や待遇面にばかり求めるのではなく、自分が何をしたいか、どんな貢献ができるか、あるいはこんなスキルアップができる病院といったように、自分から発した客観的な見方や将来設計が大事です。

●色々な条件から探すなら>>スーパーナース

■看護師は、見方を変えればスキルを高めることで自分を高く売り込める仕事です。

転職成功の第一歩はそうした考え方にあります。

看護師という仕事は“給料はいいがハードな仕事”です。

しかしその一方で技術職ですから自分のスキルを上げることで自分自身の価値を高めることができる職業でもあります。

スキルが高くて頼られる人は、職場の待遇や改善も自然と良い方向に向いていくものです。